2017年10月14日

餅は餅屋


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

高齢者人口の増加に伴い、ここ数年は健康ブームと言えるでしょう。こぞってメディアでも健康関連の内容が多いですね。

健康への関心が高いということは良いことだと思いますが、いくつか注意も必要になります。

まずはメディアで取り上げている内容や推奨している健康法などがご自身に当てはまっているのかどうか?ということ。多くの媒体で伝えられている情報は一方通行ですから、伝える方は個々の状態を把握している訳ではありませんから情報を受け取る側がその情報の内容を精査する必要があります。

二つ目は、ご自身に合った健康法に出会えたとしてもどの程度の頻度でどの程度負荷をかけて行なうかについてはお体の状態に十分注意して行なう必要があるということ。

同年代であっても体格差もありますし、それまでどのような生活を送ってきたかは個々違いますから同じことができるとは限りませんし、結果も違ってくることが自然だと思って行なう方が良いと思います。

上記のようなことを考えると医学知識などが全くないという方には判断が非常に難しいと思います。となると、その道に精通した人のアドバイスが大切になってくると思います。つまりは「餅は餅屋」ということです。

ここでもう一つ注意なのですが、「餅は餅屋」と言っても、特に現代医学では専門分野が細分化されているので、注意が必要です。

現在、当院に通院されている方で、整形外科で骨密度お維持するためにもどんどん歩くようにと指導され、一生懸命歩いていた方がいらっしゃいます。この方は魂をつめてしまうタイプの方で何年も同じように頑張って歩行されていたそうです。歩き始めた当初は気にならなかったそうですが、ここのところ足の痛みを自覚するようになり、その痛みが継続するようになったと当院へ来院されました。

初診の段階で、明らかに歩きすぎ、つまりお体が年齢を重ねて変化しているのに同様に負荷をかけ続けたことで過剰負荷となっていたようです。この方は運動負荷を減らし、鍼灸治療を行なって初診で随分と体調が改善しました。

整形外科医の指示は確かに間違ってはいないのですが、短時間の診察では患者さんの性格はそれほど把握はできないでしょうし、運動量や頻度などの指示はなかったようですから、患者さんに的確な指示が出来ていたかと言われるとそうでなかったという結論になります。

これはまさに「餅は餅屋」からは逸脱していたということでしょう。整形外科医の中にはリハビリなどに明るい方もいるでしょうけども、多くの場合はそうでないと思いますが、患者さんにはなかなか分からないと思います。

現代医学では専門性が高くなっているが故に対応が難しいところもあります。それに比べ施術者によって得手不得手はあると思いますが、東洋医学では対応幅が広いと思います。

健康増進や予防にいろいろとされている方でいまひとつ体調が優れないという方は鍼灸師に相談してみるのもひとつの選択肢だと思います。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療