2017年06月17日

第3の脳と言われる皮膚!その皮膚を鍼灸で刺激をするということは…


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

昨日は所属学会で、外部講師をお招きしての勉強会がありました。
講師は鍼灸業界では知らない人はまずいないであろう、ビッグネームの明治国際医療大学鍼灸学部、明治東洋医学院専門学校教員養成学科の矢野 忠先生!
「21世紀は体表医学の時代 -皮膚科学の知見と触の医療的意義について- 」という演題で講演していただきました。

体表の皮膚は鍼灸を行なっている者にとっては治療で必ず触れる部位であり、その皮膚上に現れた変化を捉えることがツボの選穴にも繋がりますし、効果判定の一材料にもなります。

ということで、東洋医学においては古来より皮膚の状態を重要視してきたのですが、現代科学においてはあまり研究の進んでいない分野で、最近になって急速に研究が進み、様々なことが科学的に明らかになってきました。

最近の研究では皮膚は体内と外界との境目で、体内を保護する防御膜や温冷覚、触の感覚器としてだけでなく、他にも様々な機能を備えていることが解明されています。皮膚は発生学的には外胚葉由来で神経系と同じということもあり、主に脳で分泌される物質が皮膚でも分泌されていたり、光や音などに対する受容体も備えていたりと脳が薄く身体全体を覆っているようなものであることが分かってきました。皮膚は外界の様々な情報を受け取り、処理し、伝達、発信などをしているということが分かってきたということです。

そのようなことから「皮膚は考える」とか「第3の脳」などと言われるようになってきました。

皮膚が脳のように様々な機能を備えているとなると、その皮膚に刺激を与える鍼灸や手技療法の効果はもちろんですが、更なる可能性が期待できるのではと思います。

また、前エントリーに記載した、皮下に刺入しない「テイ鍼」が効果を出せることや、特に体表に近い部分を巡っているとされる經脉調整に適しているという点も納得です。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療