2017年03月27日

腰椎椎間板ヘルニアによる座骨神経痛の積極的な治療


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

ここのところ、3月の割りには気温が上がらないせいか神経痛を訴えて来院される方が多いように思います。
特に腰椎椎間板ヘルニアに伴う座骨神経痛の患者さんが立て続けに来院されています。
身体が冷えると血液循環も低下していますし、筋肉もこわばり神経を刺激してしまい神経痛症状を引き起こしたり、悪化させてしまうということがあります。
治療ではそれとざっくり言うと逆のことを行えばよいということになります。
筋肉のこわばり、緊張を緩め、血液循環を促進し暖かい柔軟性のある身体へバランスシフトしていくということですね。
そのような状態へ誘導していくと、腰椎間の圧力が緩んで、飛び出したヘルニアは元に戻ろうとしますし、身体へ吸収されていって症状が出なくなります。
東洋医学では筋緊張や冷えは気血の循環不良と捕らえて、更にどの経絡(気血の循環経路)が特に阻害されているかを考え、効率よく気血の循環を改善し体を元の状態へと導いて行くという訳です。
腰椎椎間板ヘルニアの場合でも直接飛び出した髄核を刺激している訳ではないのですが、気血の循環を整えていくことで「自己治癒力」を高め、結果的にヘルニアも消失していくということになります。

手術の適応まではいかないけど、投薬治療やリハビリだけでは今ひとつ症状が改善していないという方には鍼灸を試してみる価値は十分にあると思います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 09:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学