2016年08月31日

兵庫県鍼灸マッサージ師会主催 夏期大学講座第3日目 その1 「温める」ことの重要性


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

すっかり間が空いてしまいましたが、夏期大学講座第3日目の感想を書き留めておきたいと思います。
午前中は坂井医院の坂井 学医師による「 痛みは温めよう!〜「未病を治す」生き方
<細胞が根っこから元気になる習慣>」との演題による講演でした。

坂井医師著作の「体を温める」とすべての痛みが消える―腰痛、ひざ痛、股関節痛、間欠性跛行が治った! (ビタミン文庫)のダイジェスト版というかその入門編のような講演内容でした。

著書のタイトルは「少し言いすぎ」とは思いましたが、編集者さんの意向もあるでしょうから仕方ないとは思いました。

講演内容によると基本的には「温める」ことが重要で、それは即ち細胞のはたらきが悪くなったから、痛みが出るし、なかなか治らない。」という状況を打開するために必要なことであるということ。

なので、捻挫や打撲などでも基本的には患部を「温める」方が早く治癒するということなのですが、ただし、激しい炎症を伴う場合などは例外的に温めてはいけないとのことでした。

まぁ、「やっぱりな」とは思いましたが、基本的には「温める」ことが重要であることは理解できました。

それから、「温める」ことは要は細胞を活性化することになるのですが、それ以外に坂井医師は次のようなことを推奨しています。

1.温める
2.温飲食(40℃)
3.鼻呼吸
4.骨休め

「しっかり休息し、栄養を与え、身体を冷やさない」という古来より東洋医学でも重要視されてきたことが現代においても重要だということですね。
ご参考に!

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療