2016年08月31日

兵庫県鍼灸マッサージ師会主催 夏期大学講座第3日目 その1 「温める」ことの重要性


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

すっかり間が空いてしまいましたが、夏期大学講座第3日目の感想を書き留めておきたいと思います。
午前中は坂井医院の坂井 学医師による「 痛みは温めよう!〜「未病を治す」生き方
<細胞が根っこから元気になる習慣>」との演題による講演でした。

坂井医師著作の「体を温める」とすべての痛みが消える―腰痛、ひざ痛、股関節痛、間欠性跛行が治った! (ビタミン文庫)のダイジェスト版というかその入門編のような講演内容でした。

著書のタイトルは「少し言いすぎ」とは思いましたが、編集者さんの意向もあるでしょうから仕方ないとは思いました。

講演内容によると基本的には「温める」ことが重要で、それは即ち細胞のはたらきが悪くなったから、痛みが出るし、なかなか治らない。」という状況を打開するために必要なことであるということ。

なので、捻挫や打撲などでも基本的には患部を「温める」方が早く治癒するということなのですが、ただし、激しい炎症を伴う場合などは例外的に温めてはいけないとのことでした。

まぁ、「やっぱりな」とは思いましたが、基本的には「温める」ことが重要であることは理解できました。

それから、「温める」ことは要は細胞を活性化することになるのですが、それ以外に坂井医師は次のようなことを推奨しています。

1.温める
2.温飲食(40℃)
3.鼻呼吸
4.骨休め

「しっかり休息し、栄養を与え、身体を冷やさない」という古来より東洋医学でも重要視されてきたことが現代においても重要だということですね。
ご参考に!

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療

2016年08月18日

熱中症予防、大丈夫?


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

厳しい暑さが続く毎日ですが、皆さん、体調は大丈夫ですか?
ここのところ毎日のように熱中症のニュースを耳にしますが、その対策は?と言われると意外と正しい知識を持っている方は限られるのではないでしょうか?

当院の患者さんとお話をしていても、多くの方は「水分補給」についてはとても気にしていらっしゃるのですが、「塩分摂取」については気にしていらっしゃらない方が多いように感じます。

塩分の摂取過剰による弊害をあまりにも聞かされた結果なのかもしれません。高血圧リスクが上昇することや、そこから発展して心疾患、脳血管疾患リスクまでも上昇……そして塩分=悪者という刷り込みがあまりにも強いのではないかと思います。

塩分の過剰摂取はもちろん問題ではあるのですが、塩分を摂取しないと人は生きていけませんから必要量は摂取する必要があります。また、この暑さですから食欲が低下して食べやすいものばかりを摂取した結果、栄養が偏り塩分やミネラルなど必要量が満たせなくなっている方もいらっしゃると思います。

なかなか食欲が低下すると固形物を摂取しにくいということもありますから、おすすめなのは「味噌汁」です。味噌汁なら冷えていても美味しくいただけますし、朝食に一杯飲むだけでも随分といろんな栄養素が摂取できると思います。具材を工夫すればさらにgoodです。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 予防と養生

2016年08月06日

公社 兵庫県鍼灸マッサージ師会主催 夏期大学講座第2日目


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

8月5日(金)は夕方まで休診して兵庫県鍼灸まっさーじ師会主催の夏期大学講座第2日目に参加してきました。

午前は昨年に引き続き国際薬膳学院講師 鍼灸館館長の前田 智美先生をお迎えして「ココロとカラダの健康薬膳〜実用編〜」という演題で講演をしていただきました。

午後は「スポーツ鍼灸の基礎と臨床のコツ(講義・実技)」という演題で明治国際医療大学 鍼灸学部 保健・老年鍼灸学講座 教授 片山憲史 先生による講演と実技供覧を行なっていただきました。

午前の前田先生の講演は昨年より一歩踏み込んだ内容で、鍼灸治療・東洋医学と食養について実用例を踏まえてお話いただいて、今後の臨床においても患者さんへの食事指導のために参考になるお話を聞かせていただきました。

午後の片山先生の講演では主にスポーツ障害やコンディショニング、そしてリスクマネージメントについてのお話とそれに関連する実際の手技をご披露いただきました。

オリンピックイヤーということもあり、また高校野球も開幕するというタイムリーな内容でとても興味深い内容でした。

日ごろはスポーツ障害やコンディショニングに来院される患者さんはほとんどいないのですが、健康増進のためにスポーツを行なっている方も多くなっていますし、同時にそのスポーツを行なっている年齢層も中高年から高齢の方まで幅広くいらっしゃいますから、知っておくべき知識だと思いました。

最も興味深かったのはリスクマネージメントの話の中で的確な診断が出来ていないがために病院への紹介が遅れ、症状を悪化させてしまうケースがあること。

治療は患者さんの状態に応じて、的確な治療を選択する必要があります。鍼灸治療やマッサージ治療の適応外である場合はすみやかに病院受診を促せるようしっかりした知識を持つことが重要であると際認識しました。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療