2016年03月17日

鍼灸治療はなぜ眠気を誘うのか?


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

約1ヶ月ぶりの更新です。(^^ゞ
この寒暖の差の影響もあって治療院が忙しいこともありますし、その他の諸々の用事があったり、友人がしばらく滞在していたりなどなど、少し日常と違っていたりしておりました。

さて、話は変わりますが、ここのところ複数の患者さんに同様のことを質問されました。
それは何かと言うと、「治療を受けている間はとても眠くなるのはなぜか?」ということです。

初診時に「治療中は眠くなることがある」ということはお話しているのですが、「なぜ眠くなるのか」ということを詳しくはお話していなかったと気づきました。(^^ゞ

ざっくり言うと鍼灸の治療中は自律神経の副交感神経が優位になる、つまりは身体が休息状態になることで睡眠を誘ったり、消化管の活動が活発になったりするのですね。

ですから、眠くなることはもちろんですが、お腹が空いている訳でもないのにお腹がぐるぐると鳴る音がすることがあるのです。

現代社会は情報過多ですし、何かと刺激が多い時代ですから常に心身が緊張した状態を強いられていることが多いです。そうなると本来はリラックスしてよい状況にあっても、気が抜けない状態になってしまっている方が多いです。

心身は活動状態と休息状態の切り替えがメリハリよくできてこそ負担がすくなく日常生活を送れると思います。ですから、緊張の多い現代人は積極的に休息、リラックス状態を作ることが大事だと思います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学