2016年02月15日

正しい知識が一番の予防策!


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

春かと思うような気温から冬に逆戻りの本日の気温。その変化に身体がついていけないという方も多いのではないでしょうか?こういう時は日ごろのケアがものを言いますね。

さて、この間出かけた時の話です。高齢者の団体5、6名と居合わせることになって、大きな声でお話をされるので、聞くつもりはなかったのですが、聞こえてくるので仕方ありません。(^^ゞ

高血圧のお話をされていたようで、高齢者が集まると病気の話になるのはよくあるのでしょうが、その内容がちょっとひっかかりました。

要約すると「上(最高血圧)と下(最低血圧)の差(脈差)が無いとよくない」←確かにその通りです。続いて「上が130(mmHg)で下が90(mmHg)なら大丈夫、上が150超えたら脳梗塞になるから130なら大丈夫」←いや、そういうものではないのですが……

その後は最高血圧の話ばかりで脈差の話はどこかへ…という感じでした。

数字の指標というのは分かりやすいですが、その数字は安全や健康を担保するものではありません。あくまで目安です。数値をみて、それがいわゆる正常範囲にあれば大丈夫ということでもありませんし、それを目安に日々の生活習慣を見直していくことが大切であって、数値を正常範囲に収めることが目的ではないのです。

高齢の方には酷かも知れませんが、正しい知識でその数値の意味を理解し、適切な対応をすることが健康寿命を延ばすコツではないでしょうか。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
タグ:高血圧症
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 思考のヒント