2015年11月30日

脉はいろんなことを教えてくれる!


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

今日で11月も終わりですね。今年も残すところあと1ヶ月!12月はあっという間に過ぎて行くのでしょうね。やり残しのないようラストスパートをかけたいものですね。

ということで、まずは12月の休診日のお知らせです。

  12月3日(木) 10日(木) 17日(木) 24日(木) 31日(木) : 通常休診
  12月13日(日) : 西神戸鍼灸マッサージ師会役員会のため午前休診
  12月18日(金) : 学会出席のため休診
  12月23日(水) 」 臨時休診

年末年始は12月31日(木)から1月3日(日)まで休診します。1月4日(月)より通常通り診療致します。

さて、話は変わりますが、不妊治療をされている方や病院での治療は行なっていないが姙娠を希望している方に鍼灸治療はプラスになるからとおすすめしていますし、海外の研究においても鍼灸治療を併用した方が妊娠率が上昇するという結果があります。

当院は不妊治療に特化した鍼灸を行なっている訳ではありませんが、身体の状態を整えることで妊娠しやすい環境が整い妊娠に至った患者さんもいらっしゃいます。

それで、今月はお二人の患者さんから妊娠の報告を受けました。まだ初期の初期ですから安心はできませんが、無事に妊娠を継続し出産できることを願っています。

それで、妊娠を希望しているとはお聞きしていなかったのですが、お一人の患者さんは第2子目を望まれてトライを初めていたそうです。全くそのようなお話は出ていなかったので、脉診をした時に「いつもと脉の状態が違いますね」などとお話をしていたところ、患者さんは以前、私が「妊娠すると脉が変わるんですよ」「ある程度胎児が大きくなると性別も分かりますし、胎児の成長具合も脉に現れてきますよ」とお話していたことを覚えていらっしゃったそうで、「まさか」と思って産婦人かを受診したところご懐妊だったそうです。

トライし始めてまだ日も浅かったようでとてもビックリされたそうです。ご懐妊報告を受けて、私もビックリしました。「一人目の子どもで手一杯で二人目なんてとてもとても…」と前におっしゃっていたので、妊娠の可能性は全く眼中になかったので…

患者さんとのコミュニケーションの中で妊娠の可能性は低いとはいえ、その可能性を見落としていたことは反省しなければなりませんね。

それにしても脉というのは本当にいろんなことを教えてくれます。西洋医学のように数値や画像などではないですが、検査機器が無くてもある程度の確証は得られますし、逆に数値や画像に反映されていないことも把握できるなんてこともありますしね。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 和み堂

2015年11月22日

略語


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

鍼灸師の方で「ナソ治療」というのをご存知の方はどれぐらいいるでしょうか?
「ナソ」というのは何かの略というのは分かりますが、私も最初は何のことやら分かりませんでした。(^^ゞ

内容を聞くと「なーんだ」ということなんですが、知らないとちんぷんかんぷんな言葉です。

この「ナソ治療」というのは東洋鍼医会に所属している先生方はご存知の方も多いかもしれません。というのもこの用語は東洋鍼医会の創設者の福島先生が用いていた用語だからです。

では、この「ナソ治療」の種明かしをしましょう。
視力障害のある方は点字を使用する方もいらっしゃると思います。点字のアルファベッドはアルファベッドであることを示す点字符号の後にカナでも使う点字を使用するので、カナとしても読める訳です。

点字が分かる方はもう見当が付いているかもしれませんが「ナソ」はアルファベッドで書くと「KW」です。

「K」は頸部の頭文字の「K」、「W」は腕の頭文字の「W」ということになります。英単語でなくローマ字の頭文字というところが昭和な感じがしますね。

ということで「ナソ治療」というのは頸腕症候群などの頸肩腕部の治療ということです。

略語というのは共通認識があれば便利なものですが、知らない者にとっては未知の言葉ですから、いいのか悪いのかは微妙なものですね。専門用語ならせめて同じ業種の人であれば何となく想像できるものであって欲しいものです。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
タグ:点字
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月06日

新たな出会いは刺激になる!

ブログランキングに参加しています。応援クリック、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

11月3日は臨時休診させていただいて所属学会の特別研究会に参加してきました。

特別研究会は他の学会や研究会の著名な先生を講師としてお招きして日ごろの活動がマンネリ化しないように、また新たな刺激や気づきを得るためなどの目的で行なわれているものですが、とても有益な事業です。

今回は徳島県鍼灸師会 副会長であり、経絡治療学会 夏期大学講師でもある大上勝行 先生をお招きして「経絡治療の現在」という演題にて講演と実技指導をしていただきました。

私は養成施設時代にも大上先生の手ほどきを受けたことがあって10数年ぶりの再会でした。

大上先生は経絡治療を研究・実践されている先生ですが、同じ経絡治療と言っても古典書物の解釈の違いなどによって少しずつ違う点があります。

相違点は単純に正誤ではないのですが、一つの現象もその切り口によって表現が変わったり捕らえ方に違いが出るということだと解釈しています。

同じ人を診ている訳ですから本質的な部分はそう変わるものではないはずですし、アプローチが少し違うということなんだと思います。

何はともあれ、他の学会の第一線で活躍されている先生との交流はとても刺激になります。感謝感謝!

大上先生の著書を下記にご紹介します。

東洋医学の春夏秋冬―セルフケアでからだを整える

図解 よくわかる経絡治療講義

毎日5分!親子スキンタッチ健康法―赤ちゃんから10歳までの対処法

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学