2018年09月29日

10月の休診日のお知らせ & 台風養生を忘れずに!


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

明日9月30日は台風24号の影響が本州でもありそうです。例年ならこの辺りはあまり台風が上陸することはないのですが今年はすでに2回も大きな台風が上陸しています。雨や風が強まらないうちに台風養生をしておきましょう。また、いざという時の避難場所の確認などもしておきましょう。尚、当院は明日の午後のご予約はすでにほぼ変更していただいていますが、当日のご予約はお受け致しかねます。ご了承ください。

それでは、10月の休診日をお知らせ致します。

 10月4日(木) 11日(木) 18日(木) 25日(木) : 休診
 10月19日(金) : 学会出席のため休診

10月は現在のところイレギュラーはない予定です。
鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 11:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 和み堂

「ゆる体操」を体験してみた!


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ
9月21日(金)に所属学会の外来講師招聘研修でNPO法人日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級3rdGrade 竹内研(たけうち けん)先生とアシスタント講師としてNPO法人日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員初級2ndGrade 山本幸代(やまもと ゆきよ)先生のお二人の講師をお招きして限られた時間ではありましたが、「ゆる体操」を指導していただきました。
「ゆる体操」は高岡英夫 先生が様々な観点から研究し体系化した体操法で道具を必要とせず、ご自身の身体のみで行なえる体操で、動作としても難しい動作を伴わず、さらに安全に行なえる体操です。また、「モゾモゾ」「ユラユラ」などの擬態語や「気持ちよくと言った快適言語を声に出して行なうことで更に効果が上昇しますし、ダジャレを含む体操もあり楽しく行なえる体操ということでした。
我々施術家は施術の一環として様々な体操やストレッチングなどをお伝えすることがありますが、ご病気でお体に麻痺などの不自由がある方や高齢の方にはまずは安全に行なっていただくことが大切ですから、今回の「ゆる体操」の研修はとても参考になりました。また、施術家自身のセルフケアとしても活用できますので、自身の養生のためにもよい体験ができたと思います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
タグ:ゆる体操
posted by 鍼医Kまたはハリー at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心した事

2018年08月28日

兵庫県鍼灸マッサージ師会主催夏期大学講座第3日目 その2 〜これからの災害対策について〜


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

前エントリーの続きです。
夏期大学講座第3日目の午後は神奈川衛生学園専門学校非常勤講師、東海医療学園専門学校非常勤講師、 (公社)全日本鍼灸マッサージ師会スポーツ事業委員長・災害対策副委員長、 朝日山治療室室長 他多数 の朝日山一男 先生をお招きして「これからの災害対策について」の演題で講演していただきました。

講演の前半は阪神淡路大震災以降、各地で発生している大災害に対して業団体の災害支援体制がどのように構築されてきたか、また現状がどのような体制になっているのかというお話と今後のビジョンについてお話をいただきました。

後半は南海トラフ大震災が発生したとの想定で、設定した地域から被災地支援へ向かうためのシュミレーションをグループワーク形式で行いました。

災害が発生した際の災害支援、ボランティア活動には様々な形があると思いますが、阪神淡路大震災が発生した頃は災害支援体制が構築されておらず大混乱したことは記憶されている方もいらっしゃると思いますし、2年前の熊本地震の際にも支援体制の構築が不十分だった部分があったことは記憶に新しいと思います。

災害医療体制については国際医療技術財団(JIMTEF)においてDMATを中心とする、多職種連携の講習が行なわれ、鍼灸マッサージ業団体も講習に参加することで医師、看護師等と連携して活動ができるようになってきたとのことでした。

また、鍼灸マッサージ業界においては業団体が複数存在しており、日本鍼灸師会、全日本鍼灸マッサージ師会など大きな業団体が連携して活動できるように体制が整ってきたとのことでした。

災害で被災された方は精神的にも肉体的にも経済的にも大きなダメージを受け、本当にお気の毒に思いますし、多くの支援を必要とします。
支援は必要に応じて行なわれるのが原則だと思いますし、そういう意味も踏まえて、指揮命令系統がきちんと確立された体制が整えられてきていることはよいことだと思います。

また、最近では災害はどこで発生しても何ら不思議ではありませんから、いつ、誰が被災するか分かりません。支援体制が整っているということはどこで災害が発生しても拠点になるところがあれば対応ができるということも大きな意義だと思います。
私は視力の関係もありますので、出来ることには限りがありますが、出来る範囲では何か役に立てればと思います。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療